エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】フリーザックの幼少時に驚き。ピアノ発表会でまさかのコスプレ。

フリーザのコスプレでおなじみ、ミュージシャンのフリーザックがツイッターで子ども時代のレアなショットを公開した。悟空の衣装を着た幼き姿に自ら「どうしてこうなってしまったんだろう」と戸惑いを隠せないようだ。

ポップ・パンクバンドTHE WASTED(ザ・ウェイステッド)でドラム&フリーザ担当のZACKことフリーザックは、鳥山明の人気作品『ドラゴンボール』シリーズのキャラクター、フリーザのコスプレで人気上昇中である。

その彼が10月4日に『フリーザック 10/27恵比寿でライブ(zakiyama0111)ツイッター』で子どもの頃に撮ったエレキギターを抱える笑顔が可愛い写真を投稿。最近のドラムを叩く時の表情とのギャップに「こんなに可愛かったのに…」と衝撃を受けたらしい。

さらには、キーボードを真剣に弾くやはり子ども時代の写真を投稿したが、なんと『ドラゴンボール』の主人公・悟空の衣装を着ているではないか。「昔はピアノの発表会で悟空のコスプレしてたのに、どうしてこうなってしまったんだろう」とフリーザ姿の自分を見て考え込んでいた。

フォロワーからは「全然オッケー可愛いですよ今でも!」「戦闘力が53万に」「悟空よりある意味カリスマ性ありますし、多少はね…」など優しいコメントが寄せられている。そんなファンの応援を励みに、彼もフリーザ担当として頑張れるのではないだろうか。

※画像は『twitter.com/zakiyama0111』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)