エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】元KARA知英、藤巻亮太の生歌に涙。顔を見ることできず。

7日、東京・ネスカフェ原宿にて映画と音楽が連動した新型エンターテインメント‘KIT KAT’新プロジェクト「ミュージック&シネマ ブレイク inネスレシアター」プロジェクト発表会が開催された。ゲストには映画初主演となる元KARAのメンバー知英、本作が映画デビューとなる松風理咲、脚本を手掛けた北川悦吏子、応援ソングを歌う藤巻亮太(レミオロメン)が登壇し豪華な顔ぶれとなった。藤巻の大ファンという知英は藤巻との対面に大感激、LIVEでは藤巻の生の歌声に感動し涙を流す場面もあった。

日本の「KIT KAT」の魅力をアジア圏へ発信させるため始動した本プロジェクト。ドラマ『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』など“恋愛の神様”として有名な脚本家・北川悦吏子が8分×3本のショートムービー、新作『そちらの空は、どんな空ですか?』に初挑戦。初主演の知英、初映画の松風理咲と初づくしとなる。

「8分で何を表現できるか?」「小さいからこそ人の胸に届くものが作れるのでは?」「自分としては野心作で挑戦作」と力強く語った北川の言葉に作品への思いが込められていた。

KARAを脱退後女優として活躍する知英は、日本と香港が舞台となる本作で4か国語にも挑戦し「広東語と北京語が本当に大変でした」と話す。ホテルに帰っても現場でもスタッフと練習したと言う。イベントでは日本語・韓国語・北京語で映画のタイトルを流暢に披露し皆を感心させた。

藤巻亮太の生歌に思わず涙があふれ出す 知英

本作と連動する形で遠く離れた人たちを応援するエールソングを人気アーティスト3組がオリジナルMVで表現。3部作の第一弾には現在ソロ活動中の藤巻亮太(レミオロメン)が担う。藤巻がイベントに登場すると、大ファンだと言う知英は嬉しさと緊張が相まって隣に座る藤巻の顔を見ることができない。新曲「8分前の僕ら」を目の前で熱唱する藤巻に涙する場面もあった。

イベント後涙を流したことについて「粉雪を聞くといつも何故か涙が出た。カラオケに行くと必ず歌う歌。自分が出ている作品に大好きなアーティストさんが歌ってくれたことが感激。いつか生で見たいと思って、この距離でその歌声を聴いたことは本当に忘れられないです。」と笑顔で語った。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)