エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】『デート~恋とはどんなものかしら~2015夏 秘湯』の構成が見事。続編に期待。

月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』のスペシャル版が放送され、多くの視聴者が笑いと涙に包まれながら楽しんだ。番組の公式ツイッターには「期待を裏切られない、面白くて切なくてドキューンなお話に、感謝申し上げます」「ぜひ、続編をよろしくお願いします!」といった声が寄せられている。

9月28日夜9時より放送された『デート~恋とはどんなものかしら~ 2015夏 秘湯』(フジテレビ系)は、1月のシーズンに放送された連続ドラマのラストでヨリを戻した藪下依子(杏)と谷口巧(長谷川博己)のその後が描かれた。

結婚契約書が完成して家族や友人の前で婚約を発表した2人は、結婚前に半同棲をしてみることに。しかし、小さなすれ違いが重なりお互いの気持ちがぐらつくなか、巧は和服の似合う美人・橋本彦乃(芦名星)と密会を続ける。

子ども時代の依子(内田愛)が父・藪下俊雄(松重豊)と母・藪下小夜子(和久井映見)の壮絶な夫婦喧嘩を見て、男女の恋愛に絶望する回想シーンや、依子が探偵のような行動に出る展開、修善寺温泉を舞台にした美しい映像など、贅沢な内容が詰まった2時間超にわたるスペシャルドラマならではの作品となった。

山中の古びた小屋で依子と2人きりとなった巧が、夜空を眺めて「月がきれいですね」と夏目漱石の逸話を語り出す場面がある。『デート~恋とはどんなものかしら~SP(date_cx)ツイッター』でも視聴者に「最後までご覧頂き感謝申し上げます」と礼を述べて「今日は本当に月が綺麗ですね」とつぶやいているが、放送日がスーパームーンであることを見越したセリフも心憎い。

今回は国仲涼子が演じる島田佳織が声だけの出演ではあったが、温泉で鷲尾豊(中島裕翔)と良い雰囲気になる一幕もあった。藪下依子と谷口巧だけでなく、島田佳織と鷲尾豊の関係も気になる。公式ツイッターにも「とても月が綺麗です。鷲尾くんとかおりさんも是非」「鷲尾くんはあの後、ちゃんと帰れたのでしょうか?(笑)」などのつぶやきとともに、続編や月9連ドラ第2弾としての復活を望む声も届いている。

※画像は『twitter.com/date_cx』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)