エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】セカオワ・Fukaseがゆずの“ドラゲナイ”ポーズに感激。ゆずっこ説が証明される。

男性デュオのゆずが『めざましライブ』を終えたオフショットをツイッターで投稿したところ、北川悠仁のポーズを見たセカオワ・Fukaseが感激のあまり「ぎゃー!!」と叫んだ。彼は以前、テレビ番組でゆずをきっかけにバンドを始めたことを明かしており、今回の件でファンぶりが現れた。

SEKAI NO OWARI(セカオワ)が昨年の10月にバラエティ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した時のこと。Nakajinが中学3年生で同じクラスだったFukaseの上履きに“ゆず”の絵を見つけて「ゆず好きなの?」と声をかけたことから意気投合。一緒に音楽を演奏するようになった思い出を語った。ゆずはセカオワ結成のきっかけになったのだ。

さらにFukaseは「会えて一番テンションがあがった人は?」という問いに、他のメンバーが「SMAP」と答えるなか、1人だけ「ゆず」と回答。動揺を隠せない彼は、SMAPから「ゆず愛を感じてうれしい」「ゆず今、喜んでるよ」と励まされた。

そんなことがあってからおよそ10か月が過ぎた今年の夏、8月28日に『ゆず公式ツイッター(yuzu_official)ツイッター』で「お台場夢大陸 めざましライブ、出演終了!」と観覧者に感謝を伝えたゆずの2人が、オフショットを投稿。北川悠仁は左手にゆずのキャラクターを持ってレシーバーのように口に当てると、右手で『めざましテレビ』の大きな旗を肩にかついでポーズをとっている。セカオワのヒット曲『Dragon Night』でFukaseが見せる“ドラゲナイ”ポーズではないか。

ファンから「深瀬さん。大好きなゆずがゆずが」とその件を伝えられたFukaseが、『Fukase(SEKAINOOWARI)(fromsekaowa)ツイッター』で「ぎゃー!!」と歓喜したわけである。

ゆずのファンを“ゆずっこ”と呼ぶが、芸能界でも大島優子三浦春馬、石原さとみ、和田正人などがそうだとされる。今回の件で、セカオワ・Fukaseも“ゆずっこ”だと明らかになった。

※画像1枚目は『twitter.com/yuzu_official』、2枚目は『Fukase fukase_sekainoowari Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)