エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】映画『脳漿炸裂ガール』主演・竹富聖花の不思議キャラが強烈。「猫みたいに華麗に飛べると思った」屋根からジャンプ。

ボカロ楽曲として世界初となる実写映画『脳漿炸裂ガール』の初日舞台挨拶が25日、東京・渋谷にて行われた。W主演となる私立恵比寿中学の柏木ひなた、映画『ホットロード』など話題作の出演が続く竹富聖花を始め、NHKの朝ドラ『マッサン』での出演でも脚光を浴びる浅香航大ほか若手豪華キャストが勢揃いした。

アベユーイチ監督がこだわった制服姿で登場したキャストたち。初日を迎え「本当に嬉しい。(脳漿は)書けないとヤバイと思って一生懸命練習した。今までずっと脳漿炸裂ガールと言ってきて、やっと漢字も書けたところだったのに一段落しちゃうなと思うと寂しい気持ちです」と感想を述べた柏木に対して「初日迎えてまだ“脳漿”書けないです」と小さな声で語った竹富に、映画を観終わったばかりの観客からは笑いが起きた。

「ゆーみん(志田友美)が演じたキレキャラをやりたい」柏木ひなた

主人公のハナ役以外で演じたい役を聞かれた柏木は「ゆーみん(志田友美)が演じた(味田)レイコちゃんのキレキャラをやりたくて。(志田の)豹変ぶりが凄い」と言えば、志田も「嬉しい。ひなたちゃんマジで何しても可愛いから何でも許せると思う」と声を大にした。もう1人の主演、竹富は「(岡崎紗絵演じる城野)モクハちゃんかな? 運動神経がよくてすごい飛べる役だったので。飛びたいな」と細い声で語り、またもや笑いが。

また、同作のタイトルにちなみ「最近“脳漿炸裂”したことについて」の質問に「実家の屋根で飼い猫と寝ていて、猫が2階(の屋根)から華麗に飛んだのを見て、自分もいけるかなと猫を追いかけて飛んでみたら結構衝撃だった」と告白する竹富にキャストも会場も驚き、ざわめきが起こった。司会者も思わず「飛ぶことにご興味があるんでしょうか」とツッコみ、さらにその場を沸かせた。

舞台挨拶には上白石萌歌、岡崎紗絵、志田友美(夢見るアドレセンス)、荒井敦史、菅谷哲也、アベユーイチ監督も登壇した。

“狂ったように踊りましょう♪ どうせ100年後の今頃はみんな死んじゃってんだから”
映画『脳漿炸裂ガール』は全国映画館&ニコニコ生放送にて大ヒット公開中!
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)