エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】イモトアヤコ、マッキンリーから帰国後は竹内結子の家に入り浸り「姉ちゃんに癒されました」

イモトアヤコが北米大陸最高峰マッキンリーへの挑戦を終えて、女優の竹内結子宅を訪れたことを明かしている。「お山から下りてきて癒しと笑いを求め小磯家の姉ちゃんの所へ」というほど会いたかったようだ。

2015年7月13日、『イモトアヤコ(imotodesse)ツイッター』で「私、無事にマッキンリーより戻ってきました」と伝えたイモトアヤコ。登山家も驚く挑戦を終えながら帰国して自由に行動できたのはわずか1日程度で、すぐに番組収録や海外ロケなど多忙な毎日を送っている。

そんな彼女が21日に『イモトアヤコ オフィシャルブログ』で「小磯家の姉」と呼ぶ竹内結子宅を訪れたことを明かしている。おかげで「さすがは姉ちゃん、しっかりがっつり癒しと笑いを提供してくれました」とすっかり元気になっていた。

昨年、三谷幸喜作・演出による舞台『君となら』で竹内結子が小磯家の長女・小磯あゆみ役で主演、イモトアヤコは小磯家の次女・小磯ふじみ役で出演した。それ以来、イモトは「小磯家の姉ちゃん」として竹内を慕っているらしい。

今回は、楽しいおしゃべりと、夕食、夜食、朝食をごちそうになって「気付けばまあまあな朝。完全に竹内家に入り浸りました…」というイモトアヤコ。これからも何かあれば「小磯家の姉」に癒されることとなりそうだ。

ちなみに、イモトのマッキンリー登山は7月26日に『世界の果てまでイッテQ!』の2時間スペシャル“イッテQ!登山部マッキンリー登頂プロジェクト”として放送される。

※2枚目の画像は『twitter.com/chongsu105』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)