エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】広瀬すずが東野幸治と約2年ぶりに共演。変顔をムチャ振りされて横目で睨む。

広瀬すずがバラエティ番組『行列のできる法律相談所』で、お笑い芸人の東野幸治とおよそ2年ぶりに再会した。久々の共演を楽しみにしているかと思われたが、冒頭から東野とは初対面のような素振りだ。東野から素っ気ないといじられると、今度は彼がロケバスの中で無口だったことを暴露し始めた。

広瀬すずはモデルや女優として大活躍、10社以上のCMに出演する売れっ子だ。その彼女が6月7日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にゲスト出演した時のことだ。MCの東野幸治が、現在16歳となる広瀬すずが14歳の時に同じ番組でレギュラーだったことを明かして周囲を驚かせた。

2013年の4月17日から9月18日まで、フジテレビ系で放送されたバラエティ番組『もはや神ダネ』では東野幸治、小籔千豊という芸人2人と、姉妹でモデルの広瀬アリス、広瀬すずがレギュラーMCを務めていた。この日は、それ以来の共演とあって東野幸治もオープニングの紹介で広瀬すずから「ご無沙汰しています」などの反応を期待したが、まるで初対面のように無反応だ。

東野がそれについて触れると、広瀬は何かしゃべらなければと思ったのだろう。『もはや神ダネ』の時に、放送では「ワーッ」と騒ぐ東野幸治だが、ロケバスの中では無口で静かで、自分たちには全く興味もない感じだったと明かした。いきなりの暴露に東野が「それ、言って欲しくないなぁ」と戸惑うと、今度は「(今日)楽屋に挨拶に行くと“スターになったな。笑いが止まらんやろ”みたいなことを言われた」と追い討ちをかけた。

番組の中盤でゲストの貴水博之(access)が、実は陽気な性格だと変顔を披露すると、東野が彼女への仕返しとばかりに「すずちゃんも変顔できるもんな」とムチャ振り。広瀬はちょっと迷っていたが、東野を横目で睨みつけてから意を決すると変顔を見せた。「カワイイー」と反応は良かったものの、彼女は「やりやがったな」と言わんばかりに再び東野を睨みつけたのである。

放送ではぎくしゃくしているように見えた東野幸治と広瀬すずだが、彼女は『広瀬すず(Suzu_Mg)ツイッター』で、東野から「大きくなったなあ~」と声をかけてもらったことを明かして、「やったね。会えてすごくすごくすごく嬉しかった。もっともっとがんばろう」、「ああ~ああ~うれし」と感激をつぶやいている。そうした感情を抑えて、あれだけ東野幸治とやりあうのだからすごい。これからどんな女優になっていくのか楽しみだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)