エンタがビタミン

writer : mihorii

【エンタがビタミン♪】佐々木蔵之介、比嘉愛未&福士誠治の熱愛は“ハンチョウ”に報告ナシの様子。

映画、ドラマ、CMと幅広く活躍し、またその演技力の高さに定評がある佐々木蔵之介。京都弁を話す姿も素敵な彼だが、このたび一人芝居に初挑戦することになった。

12日、都内にて『マクベス』制作発表会が行われ、女装パフォーマーのブルボンヌを司会に、主演の佐々木蔵之介と演出家のアンドリュー・ゴールドバーグ氏が登壇、異色の3人となった。ジョン・ティファニー氏とアンドリュー・ゴールドバーグ氏の2人が演出したスコットランド・ナショナル・シアター(NTS)版『マクベス』は、20人近くの役柄をほぼ一人で演じるものだ。100分間しゃべりっぱなしの『一人マクベス』を日本で初めて演じることになった佐々木蔵之介は、「僕、やるって言ったっけ?」「いつでも逃げ出す準備は出来ています」と今にも逃げ出したい様子で苦笑いする。そのセリフの多さや大変さがうかがい知れた。

日本で初めて『一人マクベス』を演じる、佐々木蔵之介

一方で演出家のアンドリュー・ゴールドバーグ氏は、「(佐々木蔵之介の)演技は普遍的で、セリフの繊細さは素晴らしい!」「エクセレント!」とべた褒め。そんな言葉に照れ笑いを浮かべつつ、「マクベスのセリフは役者冥利に尽きるものも多く、それが言えるのが楽しい」と佐々木はやりがいを話す。だが、「それにしても、セリフ量が多すぎる」とここでも不安な様子を見せた。

アンドリュー・ゴールドバーグ氏と佐々木蔵之介に花を貰い喜ぶ、ブルボンヌ

本日スポーツ紙で報道された比嘉愛未と福士誠治の熱愛について、2人と共演していた佐々木は記者から「ハンチョウは熱愛について何かご存知ですか?」との質問に、まったく知らないといったような表情でその場を後にした。ハンチョウへの報告は無かったようだ。

ウイリアム・シェイクスピアの作品の中でも最も有名な心理劇『マクベス』。その登場人物をほとんど一人で演じきるという大胆かつ野心的なコンセプトのもとに作り上げられた舞台がNTS版『マクベス』である。舞台は精神病棟、登場人物はたった一人の隔離患者と彼を見守る看護師と女医。監視カメラが患者すべての動きを逃さず捕らえて映し出す。観客は、患者に内在する『マクベス』の登場人物たちを介して、あの忌まわしい物語を追体験する。

東京公演 7月12日~8月2日
豊橋公演 8月8日~8月9日
大阪公演 8月12日~8月17日
横浜公演 8月22日~8月23日
北九州公演 8月28日~8月30日
(TechinsightJapan編集部 みほりー)