エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】織田裕二、WOWOWドラマ初主演「やっときた!!」。自称“毒蛇”高嶋政伸「トイレでもセリフ暗唱する」2人の対決が凄い。

俳優・織田裕二がWOWOWドラマ初主演にて熱い演技で魅せた。初の銀行員役という織田と自称“毒蛇”というほど執拗に攻める高嶋政伸との迫力ある掛け合いは必見だ。

7日、東京・丸ビルにてWOWOW連続ドラマW『株価暴落』の完成披露試写会が行われ、主演の織田裕二をはじめ、高嶋政伸、瀬戸康史、板尾創路、石橋凌ら豪華キャストが集結した。WOWOWドラマは初めての織田は「やっときた!!」と声を大にし「このチームとやれることに興奮した」と喜びを語った。

「やっときた!!」と嬉しそうに語る 織田裕二

組織の論理に染まらず、自らの信念に忠実に突き進む熱き孤高のバンカー・板東を演じる織田と、上昇志向が強く銀行内派閥形成に余念のないエリート行員・二戸を演じる高嶋との対決シーンは息をのむほどの緊張感が漂う。

高嶋は本作での自身の役どころを「毒蛇」と称し、「獲物に食らいつく狩猟本能と同時に、自分がやられる、破滅させられるのではないかという不安や恐怖を意識して演じた」と役に対する思いを語った。また織田との対決について「(撮影)初日を迎えるまで3回、織田が夢に出てきた」「織田とのシーンで自分の番になるとセリフが出てこないことを織田に責められる夢だった。恐怖におののいて撮影初日を迎えた」と笑わせた。しかし、現場で見た織田の目が「板東という役をいかに愛しているか、細やかに緻密に丁寧に(役が)作られているかが分かり、そこから(自身が演じる)二戸役が生まれた」と明かした。

織田裕二の役者魂を絶賛 高嶋政伸

高嶋の織田への想いはまだ続く。「楽屋に役名を貼ってあった人は織田が初めて。役へののめりこみ方に感動した」と語り、トイレで遭遇することが多い織田について「(織田は)トイレでもセリフを暗唱している。トイレでセリフを暗唱する役者は僕以外は見たことがなかった」と織田の“株”が二つドンドンと上がったと絶賛した。

池井戸潤原作の銀行を舞台にした金融エンターテインメントドラマ。爆破テロの標的にされた経営再建中の巨大スーパーを巡り、銀行員たちの思惑が激しくぶつかり合う。

WOWOW連続ドラマW『株価暴落』は、10月19日(日)スタート。毎週日曜夜10時放送で全5話となる。第1話は無料放送。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)