エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】キングコング・西野亮廣が校長先生に!? 「勉強を娯楽に!」「世の中全部が面白ければいい」<インタビュー>

「世の中にあるもの全部が面白ければいい!」と目を輝かせながら語ったキングコング・西野亮廣。そんな西野が校長先生となり、面白い先生ばかりが集まる学校「サーカス!Smile Academic Crazy Unique School」を開校する。先生はお笑い芸人やその道のプロばかり。勉強の楽しさを再認識してもらう学校だという。西野校長はいったいどんな学校を目指しているのだろうか?

■「先生のおしゃべりが下手」「世の中全部が面白いといい」
──今回「サーカス」をやろうと思ったきっかけは何でしょうか?
西野:小中高ずっと勉強ができなくて頭が悪かったんです。先生が何を言っているかさっぱり分からずついていけなくて。この(お笑いの)世界に入りある人の話を聞いた時、面白くて自分でも調べてみたりしたんです。そのとき、勉強に対して前のめりになっている自分に気が付いて。“勉強面白いやん! なんで学生時代は出来なかったんだろう?”と考えたら、勉強は面白かったのに“先生のおしゃべりが下手やったんだ、トークのスキルがなかったから授業が面白くなかったんだ”ってことが分かり、じゃあ、トークのスキルがある人だけが先生の学校があったら面白いだろうなと思ったのがきっかけです。“世の中にあるものが全部面白い方がいいよな。信号待ちをしている時間、改札を通る時、渋滞で待っている間とか、そのうちのひとつで授業(学校)も絶対に面白い方がいいよな”って。

「小中高、ただただ頭が悪かった」と西野亮廣

■「静かにしなさい」「話を聞きなさい」は先生の敗北宣言
──記憶に残る先生、心に残る先生はいましたか?
西野:美術の先生は面白かったです。明るいおっちゃんでしたよ(笑)。オンオフのスイッチがないから休み時間も人気者でしたね。逆に「静かにしなさい」とか「話を聞きなさい」って言う先生は、敗北宣言だと思うんです。「静かにさせろよ、おしゃべりで。話を聞かせろ、面白いおしゃべりで」って思いましたねー。

「中3の塾の先生の話も面白かった」と西野亮廣

■イケメン、美人、若い―ビジュアルは伝える能力のひとつ
西野:怒られちゃうかもしれないけれど、女性は60歳のおじいちゃんより20歳のイケメンの方が話を聞くと思うんですよ。完全にビジュアルですが、それも伝える能力だなと思います。内容はおじいちゃんの方がいいこと言っているかもしれないけれど、伝える能力は20歳の人の方が高いと思うんです。“美人”とか“若い”も伝える能力のひとつだと思います。伝えるということに比重をおいた方が面白くなります。

■夏休みの宿題はなくせばいい
──今、教える・学ぶという機会が昔と比べると減ってしまったと感じるのですが。
西野:そうですね。昔は近所のオジサンに教えてもらったり、怒られたりとかありましたね。夏休みも1か月かけて友達とツリーハウスを作ったりした時に近所のお兄ちゃんに分からないところを教えてもらったり、大人も巻き込んで作りましたね。夏休みの宿題をなくして夏休みにしかできないこと、勉強ではないことを経験させるって大事だと思います。自分が先生になったら宿題はなくしますねー。

■楽しいことは身になる。勉強も娯楽にしちゃえ!
──この世界に入って日々西野さんは勉強されていますか?
西野:どうなんですかね? “一生懸命努力して一生懸命勉強したら後で楽できるよ”とか、苦痛の先に楽があるっていう順番が当たり前になっているじゃないですか。この世界に入って毎日色々なことをやらせてもらって、吸収している時は“苦痛の先の楽”ではないんですよね。楽しいことをしている時は身になっていることが多いなって。勉強も娯楽にしてくっつけちゃった方がいいなと思ってます。覚えなきゃいけないことって覚えられないですよね。

■無知は勿体無い!
──「サーカス」はどんな人に見に来て欲しいですか?
西野:社会に出て折り合いをつけているような人たちに来てもらいたいですね。サラリーマンだからできないとか誰々さんみたいに恵まれていないからこの枠でやらなきゃいけないとか、それは選択肢を知らないだけなんですよね。今、誰でも折り合いつけるには早すぎると思うんです。知らないことでのメリットなんて何にもないって強く思います。

──ありがとうございました。

探求心が強く、楽しいことを考えている西野はなんと生き生きしていることだろう。次から次へとアイデアが飛び出し、頭の中は“楽しいことの泉”状態だ。将来の夢は今も「ウォルト・ディズニー」だと笑いながら明かした西野。「全部楽しくする!」「身に付いたものが全部楽しければいいのにな!」とアイデアがまた浮かんだようだ。西野の楽しい挑戦はまだまだ続く。

『サーカス! – Smile Academic Crazy Unique School -』
≪日時≫ 9月21日(日)17:30開場 18:00開校(20:00終演予定)
≪場所≫ 品川プリンスホテル クラブEX
≪出演者≫校長:西野亮廣(キングコング)、講師:大谷ノブ彦(ダイノジ)、中田敦彦(オリエンタルラジオ)、吉田浩一郎(株式会社クラウドワークス代表取締役社長兼CEO)、はあちゅう(ブロガー・作家)、倉本美津留(放送作家)、西寺郷太(ミュージシャン・音楽プロデューサー)
≪チケット料金≫
前売:一般席3,800円 ソファ席4,500円
当日:一般席4,300円 ソファ席5,000円
≪チケット購入≫
チケットよしもと:http://urx.nu/bfkC、0570-550-100、Yコード【100867】
ローソンチケット:http://urx.nu/bfmi、0570-084-003、Lコード【39921】
チケットぴあ:http://urx.nu/bfmG、0570-02-9999、Pコード【439-229】
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)