エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】“橋本環奈×四宮なぎさ”が恋愛トーク。やべっちも驚いたRev.の「天使と悪魔」

橋本環奈が所属する、アイドルグループ・Rev. from DVLが音楽バラエティ『1番ソングSHOW』でスタジオに初登場した。デビュー曲『LOVE-arigatou-』を披露した他、ひな壇トークでは橋本環奈と四宮なぎさが恋愛観を明かした。2人の性格の違いにMCの矢部浩之も呆れていた。

福岡発のダンスボーカルアイドルユニット・Rev. from DVLがこの春、シングル『LOVE-arigatou-』で全国メジャーデビューを果たした。6月18日にはゴールデン枠の『1番ソングSHOW』のスタジオに登場する活躍ぶりだ。

“天使すぎるアイドル”として人気に火がついた橋本環奈は、MCの羽鳥慎一からグループについて「やっぱり、橋本さんのお陰ということですよね?」と話を向けられると「きっかけはそうですけど、これからはメンバーみんなで頑張っていけたらいいなと思います」と答えた。すかさず矢部浩之から「否定はしないんですね」と突っ込まれていた。

恋愛の話題となり「好きな相手に自分から告白できるか?」と問われて、Rev.の四宮なぎさが手を挙げた。自分から告白するタイプだという彼女に、矢部が「向こうに彼女がいるのが分かったらどうするの?」と追及すると「自分の気持ちを伝えないと…」とあくまで告白するという。

さらに「彼の彼女が自分の親友だったら?」と究極の選択を迫っても、「親友でも別に…」と友情よりも自分の恋を選んだ。そんな答えを平然と返す四宮なぎさに矢部は「出ました、悪魔です」と呆れると、Rev.には「天使と悪魔がいる」と橋本環奈と対比した。

その橋本環奈は、「絶対に自分から告白できない」と言い切る。「頑張って相手に気持ちを気づいてもらい、告白して欲しい」と望んでいた。矢部が「どんなサインを送るの?」と訊ねると、「とにかく笑顔で話します」とまぶしい笑顔で返す。

彼女がもし相手から告白されるとしたら「デートを何回もして、気づいた上で『俺たち、もう付き合っているよな?』と言われたい」と理想を明かすと、「それって、ある程度の関係が進んでいないと出ないセリフだ」と矢部は言う。「キッスもするかな?」と確認された橋本環奈は、「そうですね、してからがいいです」と指でOKを出した。

矢部が「そんな男はすぐに現れる。いっぱい現れるから気をつけて」とアドバイスすると、共演していた西野カナも真剣に聞いていた。西野は「自分から告白して答えを早く知りたい」タイプなのだ。今度は橋本環奈から「どんな男性がいいですか?」と矢部に聞くと、「あー、そうやね。芸人さんはやめた方がいい」とアドバイスされていた。

橋本環奈はこの春から高校に進学しており、あるテレビ番組で恋愛について問われた際に「女子高だから大丈夫です」と答えている。今回は彼女も、四宮なぎさも恋愛観を大胆に語っており、アイドルだから“恋愛禁止”ですと避けることはなかった。バラエティでの姿勢も変わってきたようだ。

※2枚目の画像は『twitter.com/Rev_nagichon』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)