【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【エンタがビタミン♪】武井咲のさりげない振る舞いに、南キャン・山里が感激! 「いい人かどうかは番宣でわかる」

2014年05月04日 17:00 by TORA

南海キャンディーズの山里亮太がバラエティ番組で、女優・武井咲の印象について語った。ある時に武井が見せた言動に、山里はいたく感激したのだという。

5月2日深夜に放送された『もっとたりないふたり』で、南海キャンディーズの山里亮太とオードリーの若林正恭が「テレビ番組での振る舞い」について語り合った。

若林は、ビートたけしがバラエティ番組のMCをする際に“ピコピコハンマー”を持っていることに注目。若林は実際にピコピコハンマーを持ってきて、番組で所ジョージと共に若手芸人たちの発言を見ている時の“たけしの言動”を再現した。それによれば、若手芸人が番組中に訳の分からないことを言ってしまってお客さんの反応もあまりよくない時、たけしは笑いながら「バカヤロー」と言い“所の頭”をピコピコハンマーで叩くそうだ。この指摘に深く共感した山里は「あれって発明だよね。あんなにやさしいツッコミはない」と口にした。

またドラマの宣伝などで番組に出演する「番宣ゲスト」について山里は、情報番組『スッキリ!!』で「天の声(ナレーター)」として山里が声のみ出演する「謎の男のコーナー」でのエピソードを披露した。山里は「めっちゃいい人(かどうか)っていうのは番宣でわかる」と話し、これまでの番宣ゲストで最高にいい人が「女優の菅野美穂さん」だったと絶賛した。山里が「(それまでドラマの撮影が入ったりしていて)すごいしんどいはずなのに、菅野さんはめちゃくちゃノリノリで楽しんでくれる」と力説すると、若林も「わかるなぁ」とうなずきながら聞いていた。

さらに山里はその「謎の男のコーナー」に、女優の武井咲がゲストで登場した時の話も紹介した。いつも『スッキリ!!』のスタジオから離れた場所から「天の声」をしているのだが、その日はトラブルが発生したため「同じスタジオ」でコーナーを進行することになったのだという。そのためゲストの横に「天の声」がいる状態でコーナーはスタート。まず天の声が「おっはようございまーす」とあいさつした。すると武井は「天の声」という設定を守り、迷うことなく上を向いて「あっ、天の声さん。おはようございます」と返してくれたというのだ。その一方で『スッキリ!!』MCを担当する加藤浩次は、同じスタジオにいる「天の声」をじっと見つめていたと山里は笑いながら述懐した。

どうやら出演者たちのちょっとした気配りや何気ない振る舞いが、テレビ番組をより一層魅力的にしているようだ。
(TechinsightJapan編集部 TORA)


もっと読みたい:武井咲

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

武井咲

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR