【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【エンタがビタミン♪】平野綾のドラマ出演に、「アニメ声」、「演技が多彩」と賛否両論!

2013年07月17日 11:00 by 瑛里

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の“涼宮ハルヒ”や『らき☆すた』の“泉こなた”などの声で有名な平野綾。声優として売れっ子の彼女が、あるドラマに出演した。準主役級の役で出演した平野の演技に、賛否両論の声があがっている。

15日に放送された『月曜ゴールデン 税務調査官窓際太郎の事件簿25』(TBS系)で、声優の平野綾が福留絵里奈役で出演した。主役の小林稔侍との絡みも結構あり、ネット上では「チョイ役かと思っていたら、結構出番があった」と話題になった。

放送後、平野の演技について「やっぱり女優って感じじゃない」、「アニメ声が気になる」、「声だけ聞くとハルヒだ」、「演技がわざとらしい」などと女優としては今一つといった感想が多い。声優が女優としてドラマなどに出ると、どうしても声優時の役のイメージが残ってしまうのだろう。その一方で、「舞台経験が生きた」、「演技が多彩」、「声に感情がこもっている」と彼女の演技力を認める声もあった。

「声優が女優に転向した」との意見もあったが、平野は東京児童劇団で子役のころから活動していたので、女優転向という訳ではないのだ。これまでもドラマ『ミューズの鏡』『こんなのアイドルじゃナイン!?』や、舞台『ウサニ』『嵐が丘』などに出演している。

所属する事務所を猛批判し、Twitterでの炎上を繰り返して「Grick」へと移籍した平野。その頃からミュージカルなどの女優業やバラエティ番組への出演など、声優以外の仕事が増えてきたように感じる。今回のドラマの評価によっては、女優としての彼女の姿を目にする機会が増えるのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 瑛里)


もっと読みたい:平野綾

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

平野綾

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR