【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【アジア発! Breaking News】引きこもりの男性、重傷負いながらもネットを続け死亡。(台湾)

2013年02月25日 9:30 by 片倉愛

パソコンの電気コードからの発火が原因とみられるぼやで火傷を負った引きこもりの男性が、薬を塗ってやり過ごそうとしたために死亡するという事件が起きた。

『自由時報』によれば、亡くなったのは台北市に住む50代の独身男性。一緒に暮らしていた両親が部屋の机にうつぶせになって意識を失っている男性を発見した。男性は救急車で病院へ運ばれたが手遅れだった。

両親の話では、男性は普段ほとんど外出することはなく、毎日部屋に閉じこもってインターネットをしていたそうだ。16日午前8時頃、パソコンの電気コードから発火してパソコンや周辺機器、ベッドなどが焼けた。そのとき父親は男性がふくらはぎに火傷を負っていることに気付き病院へ行くよう勧めたが、男性は「薬を塗っておけば大丈夫だ」と部屋に戻ってしまったという。

18日午前8時頃、火傷用の塗り薬と牛乳を渡そうと父親が男性の部屋に入ると、男性はパソコンの前にうつぶせになっていた。寝ているのだろうと思った父親は、「病院へ行った方がいい」と書いたメモを置いて部屋を出た。それから1時間後、様子が気になり再び部屋に入ったところ、男性が気を失っていることに気付いたそうだ。

警察の調べによると、手足の火傷以外に目立った外傷はなく、火傷を放置したために敗血症を引き起こして死亡した可能性が高いという。また、焼け跡のあるパソコンが正常に作動することから、男性は重傷を負いながらもパソコンを自分で修理し、気を失うまでインターネットを使い続けていたとみられている。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)


こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR